忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

関連


先日、体調不良キーワードに必ずついているあるキーワードの記事を書きました。そうです。「ツボ」というキーワードです^^。今回は若返るではなく、最近食欲旺盛でもうかなりのストレスなので、食欲を抑えるというツボを検索しました(笑)。しかしこんなにツボが検索されているのであれば、このツボに関するアフィリエイトブログを立ち上げた方がいいのではないかと思い始めてきました。やはり関連する者同士はつなげた方がいいと思うのです。そして自分が欲している情報や物を紹介すればいいのです。うちは食欲を抑えてツボの情報を得た後、欲しくなったものがあります。ツボ押しグッズです♪。食欲を抑えるツボの情報収集をしたのは影でしたので、自分の手でツボを押していましたが、途中で疲れてきて、うん、ツボ押しグッズがほしいな・・・と思いました(笑)。ちょっとしたものでいいから帰りに100均によってツボ押しグッズ見てみようかなと思いました(笑)^^。

2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
ビジネスも、サービスも、記事(コンテンツ)も、Webサイトも、「走らせながら」完成させる
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
購買目的キーワードは短期で新規売上あがる。情報収集目的キーワードの一部は中長期で新規売上に繋がる
被リンク対策の進め方。1位表示に向け被リンク「全体」を最適化。被リンク「部分」の最適化は捨てる
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
PR