忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クリック


検索エンジン経由で検索してくるユーザーが、クリックしたくなるようなキーワードを使ったり、構成しなくてはなりません。検索エンジン経由で検索している人は購入意欲が高めの人が多いのです。その人たちが思わずクリックしたくなるようなキーワードやフレーズを使うのが一番なのです^^。自分もそうではないですか?。検索エンジン経由で何かのキーワードで検索した時、自分が求めているキーワードがタイトルに含まれていたり、記事に気になるフレーズがあったらついついクリックしたくなったり、クリックしませんか?。その心理と同じで、検索エンジン経由の訪問者の心をつかむようなキーワードやフレーズを使ったコンテンツを作成するべきなのです。アフィリエイトサイトを運営しているのであればそれはそのまま売り上げにつながり、アフィリエイト収入になります。訪問者がためになるなぁ、こういう商品もあるんだなぁと感心するようなコンテンツにするとアクセスもグッと増えます^^。

昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入

ヒプノサイト。退行催眠とは?
退行催眠

被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
世の中はカネ(金)では無い。「世の中はチカラ」である。力が世の中を動かし、力が世の中を変える
安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」
集客目的URLと営業目的URLの違い。「SEO集客優先・営業劣後」か逆か
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
安定集客。内部SEOは前輪、外部SEOは後輪。2輪車(検索順位)は「前輪だけ」で安定して走らず
SEO集客手段、「ヘッドキーワードSEO,テールキーワードSEO」の違い
検索順位を上げるには?コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO
Google SEO対策は2030年に2012年の512倍ほど難易度上がる。SEO未来予測まとめ
PR

売上


アフィリエイトポイント・・・。今月のアフィリエイトポイントを見てガッカリ&愕然となりました・・・。少なすぎる・・・。クリスマスやお正月などのイベントがあったからかなとか考えてみたり・・・。2月と8月は物が売れないと言われている月ですが、なぜに1月の売り上げが悪いのだ?!(涙)。ただ単に不況だからかもしれません・・・。もう少し価格重視でアフィリエイトをしなくてはならないのかもしれません。しかし消費者はまだ余裕があるはずなのですが・・・。おかしいな・・・。そういえば野菜が高騰しているんでしたね。そのせいかもしれません。余計なものは買わないようになったのかもしれません。余裕がなければ無駄遣いをすることはできませんからね。食事にみんなお金を使っているのかもしれません。その中でも好調なのは、高級アイスと高級カップラーメンです。お店にラーメンを食べに行ったら軽く7、800円は飛びますが、高級カップラーメンはせいぜい300円以内です。

カウンセリング業者のホームページ、池袋付近
池袋カウンセリング

内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
検索エンジン集客多いサイト。標準ページと別でSEO集客ページ用意
画像リンクを増やす
中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
サイトリニューアルで検索経由のアクセス数激減、原因は?HTML構造SEO
短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
SEO効果高いアンカーテキストは時代で変る。要約型・質問型被リンク
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
SEO集客Blogは更新日(更新頻度)固定厳禁。集客Blog群全体で集客数固定
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
SEO業者のSEOサービス二大構成要素。コンサルティング,被リンク供給
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない

関連


先日、体調不良キーワードに必ずついているあるキーワードの記事を書きました。そうです。「ツボ」というキーワードです^^。今回は若返るではなく、最近食欲旺盛でもうかなりのストレスなので、食欲を抑えるというツボを検索しました(笑)。しかしこんなにツボが検索されているのであれば、このツボに関するアフィリエイトブログを立ち上げた方がいいのではないかと思い始めてきました。やはり関連する者同士はつなげた方がいいと思うのです。そして自分が欲している情報や物を紹介すればいいのです。うちは食欲を抑えてツボの情報を得た後、欲しくなったものがあります。ツボ押しグッズです♪。食欲を抑えるツボの情報収集をしたのは影でしたので、自分の手でツボを押していましたが、途中で疲れてきて、うん、ツボ押しグッズがほしいな・・・と思いました(笑)。ちょっとしたものでいいから帰りに100均によってツボ押しグッズ見てみようかなと思いました(笑)^^。

2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
ビジネスも、サービスも、記事(コンテンツ)も、Webサイトも、「走らせながら」完成させる
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
購買目的キーワードは短期で新規売上あがる。情報収集目的キーワードの一部は中長期で新規売上に繋がる
被リンク対策の進め方。1位表示に向け被リンク「全体」を最適化。被リンク「部分」の最適化は捨てる
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化